ブログ

セクハラ騒ぎについて

今回の選挙で、えびさわ陣営にボランティアとして潜入して書かれた記事を読みました。
目的を隠して参加されたことは残念ですが、ネット上の情報をもとに憶測で書かれた記事がいくつも出される中、猛暑の中で実際にお手伝いいただき、ご自身が汗をかかれ、事実に基づいた記事を出されたことは、批判記事ですが、ご苦労様でしたと言わせて頂きます。

気になる部分がいくつかありましたが、

比例区で当選した猪瀬直樹が海老沢の胸を触った後のおさわり容認発言が、女性の有権者を遠ざけた。
選挙活動開始直前の6月中旬、猪瀬と海老沢が一緒に東京都内で街頭演説をした際、猪瀬が隣にいた海老沢の胸を何度か触った動画がSNS上に流れて炎上した。それに対し、海老沢は「まったく気にしてません」と擁護した。
ワーキングマザーのイメージで選挙運動をしていた海老沢は、これで対応を誤った。公開セクハラを女性自身が正当化してしまったように見えた。

この部分。やっぱりこういう話になってしまうんですね。
いまさらですが、実際に起こっていたことを書こうと思います。

問題の演説から数日も過ぎて、どこからともなく拡散してきたこの話。
スタッフから連絡を受けましたが、わたしは全く覚えがなく、「何の話?」と聞き返していました。
直後に大阪の朝日新聞が街頭演説の現場に取材に来て、あれこれ質問されましたが、全く覚えていないことなので、「触ってない(当たっていない)と思いますが」と答えるしかありませんでした。

外に出ていたので、動画も確認できずに活動を続けましたが、念のために選対の音喜多さんに連絡を取ると、すでに対応に動いているとのこと。
猪瀬さんからも連絡をいただきました。迷惑をかけたということでの謝罪も。
そもそもあやまっていただく覚えもないので、困惑していたというのが正直なところです。

まず一番に考えていたのは、当事者はともかく他の候補者に迷惑をかけたくない。ということでした。
そこは音喜多さんも共通の思いだったはずで、話し合いの結果、今回書くような詳細なコメントをブログで出すのではなく、ツイッターで短かく説明する方法を選択することに。

面白くなければ、記事はすぐ終わっていきます。
特に選挙では、対立する勢力からすると、ネガティブな情報はできるだけ拡散したいという動機もあります。長々と弁明しても、あげ足を取られてしつこくされるだけです。
それ以前に出されていたネガティブな記事も、説明のコメントを発信したところで、読んでも知らんぷりでしつこく絡んできます。
「どうせ嘘書いてるのだろうから読まない」と、わけのわからないことを言いながら、こちらからの説明はいっさい無視して、しつこくしつこく言ってくるだけでした。

印象操作とはそういうもので、事実かどうかわからないことを、憶測で攻撃してきているのですから、言い返してもプラスになることは少ないのです。
しかし、全く無視だと、それはそれで調子に乗ってどんどん攻撃してきますから、どのくらいの反論をしていくかは、ケースバイケースで本当に難しい。

夜になって、活動が終了した後に動画を確認しました。確かにここだけ切り取られると、けっこう触ってましたね。
前後の文脈から説明すると、まず猪瀬さんは、わたしの経歴について説明します。
スノーボードの黎明期のチャンピオンだ。そして、その活動が平野歩夢君がオリンピックで金メダルを取ったことにつながるのだと。
そこで猪瀬さんは、わたしの名前を一瞬間違え、「ひらの」と言ってしまいます。
わたしも選挙期間中の名前の入ったたすきをしていると勘違いし(選挙前なので維新の会のたすきです)、たすきをたたいて名前をお知らせしようとする。そこを猪瀬さんは、同じ場所をたたいたのです。
胸を触っていないし、仮に当たっていたとしても、それはたすきをたたいた結果であり、変に触る意図は全くないことは明白なのです。

猪瀬さんは、名前を間違えたことを気にしています。肩を何度もたたいたのは、スマンという意味もあったでしょう。
それを感じ取っていたから、わたしは不快に思わず、全く覚えていなかったのだと思います。

また、これは選挙に出たことのある方にはご理解いただけるはずですが、選挙に出るということは、ある意味人生をかけて命がけで挑戦するといった感覚があるものです。
仲間として参加している人たちは、戦友とも言えます。スポーツでチームになって戦うときに円陣を組む。勝った時には抱き合って喜ぶ。サッカーのサポーターでもそうでしょう。肩をたたく行為が、お互いを鼓舞する感覚があることも少なくないのです。
猪瀬さんは、動画の場面の前後で、反対側にいた音喜多さんの肩を、わたし以上にたたいています。
その後に応援に来ていただいた他の方々も、肩をたたく仕草で、触らないように寸止めしている様子がたびたびありました。

もちろん、時代がありますから、今はそういうのを気を付けないといけない。それは間違いないけど、少なくとも今回の話は、選挙のムードの中でのアクシデントであり、セクハラではありません。

批判したい方には、面白くない話で申し訳ありません。
そういう話じゃないんだ。という声も聞こえてきそうですが、今回の「セクハラ騒ぎ」と言われる話の、事実の経緯はこんなことです。
セクハラに苦しんでる方などには申し訳ないと思いますが、わたしは誰にも圧力を受けていないし、不快にも感じていない。「声をあげろ」「不快に感じないはずがない」と批判されても、わたしにはどうしようもないのです。

コメント

    • 犬山栗鼠夫
    • 2022年 7月 19日 10:33pm

    この手の話しは、持ち出す側が、一定の意図を持っているので、その意図に沿うように反応しないと、持ち出す側は気に入らない。事実や真実はもちろん、本人の意思もそっちのけ。 
    ホントどうしようもないです。清濁あわせ飲みながら
    やっていくしかないのが政治の世界。
    海老沢さん。まだまだ夢の続きを追いかけて、頑張ってくださいね。

    • 犬山栗鼠夫様 コメントありがとうございます。
      選挙期間中、朝日新聞が「間違いなくセクハラ」であると識者のコメントを掲載していたのを見て唖然としました。負けずに精進します。

    • taketell
    • 2022年 7月 20日 11:24am

    海老沢由紀さん!
    ずっと応援することに決めた!
    どんな世界に行っても応援する!
    もちろん政治の世界で頑張って欲しい!
    でももう人間として応援します!
    笑顔が似合いますよ!

    • たかひろ
    • 2022年 7月 20日 3:15pm

    わざわざこんな釈明をしなければならない事を「気の毒」に思います。

    あるYoutube動画で外人さんが吊り目のポーズをしてたシーンがあった。私は知らなかったのですが、そのポーズはスラントアイと言ってアジア人を差別するジェスチャーなんだとか。でもその動画は「日本が好きです」みたいなバリバリ親日の動画でした。でもコメント欄には「吊り目のポーズが不快」とかって突っ込む輩が。確かに私スラントアイって言葉知らなかったけど、動画の「中身」見れば明らかな親日。そのポーズを知った後も、私は全く不快とは思いませんでした。そうやって突っ込む輩は「自分はスラントアイ(って言葉)を知ってます」みたいに、まるで自慢する?かのように吠えてくる。「あ、今スラントアイやった!」みたいに上げ足を取ってくる。実際の「中身」なんか関係ないんです。
    セクハラだってそうでしょ。本人が何とも思ってないのに「あ、今セクハラした!」
    お前らに関係ないだろって話ですよね

    • Hiroko Nagai
    • 2022年 7月 20日 4:22pm

    猪瀬さんの応援にてビラ配りをご一緒にさせて頂きました関係で、海老沢さんの街頭演説もお聴き致しました。
    今回、猪瀬さんと一緒に、日が進むにつれ、ますます応援いたしておりました。この選挙結果にまことに残念な思いを抱いております。
    首都圏在住、44歳、子ども3人の主婦の永井と申します。
    介護系の会社にフルタイムで勤務し、運動とリハビリを行なっております。子育て支援サークルも地元で運営しております。
    今回、新聞やテレビだけでなく、初めて我が身のこととして身近に選挙を捉え、関わりました。
    普通の女性の選挙への関心の低さに、今まで自分がそうだったにも関わらず、驚きました。
    海老沢さんの訴えを聞き、お産費用や検診代、教育費のこと、心から、共感致しました。
    それと同時に、普通の女性の訴えが評価されないから、女性が応援していないから、わたしたち普通の女性が勉強して投票していないから、これほど少子化になったのだろうと思いました。
    海老沢さんのような訴えをする女性議員が10人受かっていたら、法律も本当に改正するかもしれない。
    その数年間のチャンスを、女性は自ら手放しているのかもしれません。

    海老沢さんの落選が悔しいです。でも、本当に大変な中、よくぞ、戦ってくださったと思います。
    これからも応援させてください。

    • Hiroko Nagai様 コメントありがとうございます。猪瀬さんの応援に入られていたのですね。暑い中ありがとうございました!今回は7位で落選という結果になりましたが、53万316人の方に支持を頂いたことを重く受け止めています。参院選でうったえていた教育無償化や出産費用の保険適用による無償化など、実現できるように力をつけていかねばと考えています。

    • KENICHI ITO
    • 2022年 7月 20日 6:05pm

    そもそもこの記事を書いた記者に言いたい。
    どこ見てんねん。あんたがセクハラや!
    セクハラって当事者が訴えて初めて成立?するものだと思うけど、第三者が好き勝手に書いたら逆に当事者へのセクハラになったりしないんですかね?

    • KENICHI ITO様 コメントありがとうございます!第三者が勝手に、加害者と被害者を認定し、好き勝手に批判してくる行為は、モラハラと考えられるのではないでしょうか。

    • si
    • 2022年 7月 20日 8:44pm

    批判のためなら、当事者の話なんかどうでも良い
    本人が否定したら
    その本人を攻撃する。

    正直、他でもよく見る構図です。

    • si様 コメントありがとうございます。このよく見る構図に名前をつけたいです。。。

    • 中川 かほ里
    • 2022年 7月 20日 10:11pm

    えびさわ由紀様

    先日お送りした似顔絵は届きましたでしょうか?
    今回の選挙結果はとても悔しかったですね。それでも、4回も挑戦されたことは本当にすごいことだと尊敬しております。

    つまらない報道、とっくに忘れていました。世間の人もそのうち忘れていくと思います!どうか負けないで下さいね。応援しています。

    • 中川 かほ里 様  似顔絵届いております。ありがとうございました!
今後ともご支援よろしくお願いいたします。

    • 樋山民雄
    • 2022年 7月 21日 9:47am

    今回は残念ですね。中条さん選挙事務所開き応援に来た時お目にかかりました。色々な方にえびさわさんと中条さん宜しくとでもまだまだ来られ~頑張って下さい。応援します。下らないマスゴミは気にせず時には利用しないと駄目だけど当選します。

    • 樋山民雄様 中条さんの事務所開きではありがとうございました。中条さん、当選よかったですね!わたしも一緒に国会で仕事ができればよかったのですが、、、今後ともご支援どうぞよろしくお願いいたします!

    • aflodaddy
    • 2022年 7月 23日 6:37am

    本当に悔しい。日本を良い方向に変えようと必死に行動すればするだけ、これだけの反発があるという現実。
    それだけ変えなくてもいいと思っている人が多いのかなぁと悲しくなります。
    確かに今回のことは誤解を生む行動なので、既にやられているかも知れませんが、猪瀬さんだけでは無く他の議員さんにもマナー教育的なものが必要だと思います。
    ただ、本人が否定してるのに、ここまでしなくても…。
    圧力や偏向放送に負けないで欲しいです。

    本気で日本の将来を考えた時、維新は最後の希望です。
    票を確実に入れたり、コメントを書いたりしか出来ませんが、心から応援しています。

    • aflodaddy様 励ましのコメントありがとうございます。わたしも日本の将来を考えた時に、維新は必ず必要な政党だと考えています。引き続き応援していただけると心強いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のブログ記事

  1. abemaPrime
  2. アベマプライム
  3. 馬場共同代表
  4. IVLP

    2022.08.3

  5. ご報告

    2022.08.1

PAGE TOP