個人献金

日頃より、海老沢由紀の政治活動にご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
海老沢由紀後援会では、海老沢由紀の政治活動を支えていただくための個人献金を募っております。

政治家への支援方法として、個人献金として寄付を行うことができます。海老沢由紀後援会への個人献金は寄付金控除の対象となります。まだまだ日本においては、個人による政治献金は一般的なものではありません。しかし、今後は市民の政治参加の一形態として個人献金が日本に根付き、「一人ひとりが育てた政治家」が、特定の利権団体による企業団体献金で支えられた古い政界に風穴を開けていかねばなりません。頂戴致しました貴重な献金は、皆様の役に立てるよう政治活動に大切に活用させて頂き、政治資金規正法に基づきご報告させていただきます。皆さまからの暖かいご支援を、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

海老沢由紀

(献金に関する諸注意)

【国籍について】
政治資金規正法により政治献金は、日本国籍を有する方に限られています。

【献金額の上限、収支報告書への掲載について】
政治資金規正法に基づき、献金額の上限は、年間で総額1000万円、個別の政治家に対して150万円となっています。
また、年額5万円を超える献金を行う場合、献金者の住所、氏名、金額、年月日、職業が、選挙管理委員会宛の収支報告書に掲載、開示されます。寄附金(税額)控除を受けようとする場合には年額5万円以下であっても収支報告書に掲載されます。

【その他の注意事項について】
・献金者本人による、自己名義での、個人としてのご利用に限らせていただきます。
・本人名義以外の名義(借名、仮名を含む)、匿名でのご利用、献金者本人の自由な意思に基づかない利用(あっせんを受けた利用、強制を受けた利用を含む)、代理人、代行者による利用はできません。
・20歳未満の方はご利用いただけません。

※年間2,000円を超える寄附につきましては、所定の手続きにより所得控除を受けることができます。
  希望される方は入力フォームの「寄付金控除のための書類」の項目で「要」として下さい。

※寄附金控除に関する詳しい説明は国税庁のホームページを参照して下さい。
 
※優遇措置を受けるためには、確定申告が必要になります。詳しくはお近くの税務署へお問い合わせ下さい。


同意して次に進む>>

最近のブログ記事

  1. 維新アンケート
  2. 豊洲シェルタワー
  3. 国会
  4. 受動喫煙
メールマガジン登録はこちら 海老沢由紀メルマガ
PAGE TOP