ブログ

代表選について考えたこと

迷ったあげくに結局出さなかったのですが、前回の都構想住民投票(2020年11月1日)以前に、ブログを書いておりました。
この時も代表選がどうのこうのという話が持ち上がっていた時でした。
当時の文を、そのまま掲載してみます。

代表選については、自民党の総裁選、民主党の代表選などと同様にマスコミが盛り上がり、PR効果が見込まれることは確実です。わたしは、維新の会でも代表選を行ったほうが良いと考えていました。
しかし、橋下徹元代表の引退を深く振り返るにつれて、代表選は必要ないと考えました。

維新の会の組織規範は、自民党や民主党のそれとは異なります。
維新の会は、他党と違い派閥を持ちません。細かい人間関係があるとしても、それによって争うことは今のところ無い。他党で言うと、維新の会全体が派閥という感じでしょうか。

代表選で決める方法は、派閥を持つ組織の都合を重視しています。
大きな欠点は、極めてうまく行っているリーダシップでも、途中で断ってしまうことがあるということ。
「そろそろ変わってもらわないと次にやりたい人がいるから困る」などの理由で交代することもあるでしょう。

また、責任回避のために多数決を行うことにもつながり、多数決で決まったのだから全員の責任だと言うことになる。
うまく行かなかったとしても責任は組織全体にあり、パフォーマンスが上がらなかったとしても、誰も責任を取らないということになりかねない。

2015年の都構想住民投票(2015年5月17日)では、大接戦で破れ、橋下元代表が引退を表明することになりました。
維新の会は、橋下元代表の強烈なリーダシップの元に集まり、トップダウンの意思決定の元に行動を取って来ました。
しかし、維新の会の最大かつ当面の課題である都構想についての戦いに敗れるという事態に当たり、彼はすべての責任をとったのです。

これがつまり、維新の会がトップダウンの意思決定で機能してきた組織であり、「極めて日本的な合議による意思決定を重視し、誰も責任をとらない組織」に対して、「欧米的な規律のあるトップダウンの組織」として機能してきた証となるものでしょう。

トップダウンの意思決定とは、トップが組織の意見を聞かないという意味ではありません。組織内部からの意見は十分に聞く。場合によっては多数決を取ることもあるかもしれない。
しかし、仮にその結果が違ったとしても、トップが最後に決断したのであれば、トップの考えに従って組織は意思決定します。
そして、その決定にトップは全責任を負う。そういうことだと思います。

民間企業では社長を選挙で決めるでしょうか?派閥の領袖を選挙で決めるでしょうか?
現在、維新の会は橋下元代表の理念を引き継ぎ、松井代表がトップとしてしっかり機能しています。現状では代表選は必要無いのではないでしょうか。

前回の住民投票の結果、維新の会は、偉大なリーダーを失うことになりました。今回の住民投票で万が一否決された場合は、今度は松井一郎というリーダーを失うことになるかもしれない。
今回の住民投票は、どうしても勝たないといけないのです。

(2020年に書いた内容はここまで)

 

2年が過ぎ、当時とはだいぶ状況が変わっていますね。

今回、松井代表が決定したことですし、代表選に異論はありません。でも、松井代表の後継指名でも良いのではないかという感覚を、多少維持しております。

党勢も一時の停滞から伸びてきて、そろそろ組織を変えるタイミングだろうということはあるでしょう。
派閥らしきものもできているのか。時に聞こえてくる争いの声もあります。
しかし、自己主張よりも、客観的に「なぜ党勢が伸びてきたのか」ということを、しっかり考えなければいけない時です。

いまさら、決まっている代表選の開催に難癖付けた上に、さらにルールのことをという話なのですが、一般党員と特別党員の1票の重みが同じということも気になります。
聞くところによると、特別党員が600人に対し、一般党員は2万人とのことです。
実質的には、圧倒的に多数の一般党員の投票で決まることになります。

組織の中をまとめることが重要な職務である代表が、内部の事情や人間関係等をあまり考えられずに、外見的な要素で決まってしまう可能性があること。大丈夫なんでしょうかね?
とくに松井一郎という組織をまとめるのに天才的な才覚がある人の後継者です。
たいへん心配ですが、維新の会の潜在力に期待するしかないでしょうか。

権力争いの場にだけはならないように心から願っております。(← ここが一番言いたかったとこです。まどろこしくてすいません。)
投票するわたしたちが真剣に考えるのは当然です。候補者が何を目的としているのか、実現可能なのかについて、流されずにしっかり聞いていきたいと思います。

コメント

    • 紅葉天ぷら
    • 2022年 7月 28日 4:35pm

    一般党員2万人が代表選挙で影響力を持ち過ぎると思います。
    特別党員の紐付けで一般党員になるケースが多いので、投票先の傾向がある程度決まると発言されてる国会議員がおられますが、そうなるのでしょうか?
    収集がつかなくなる危険性が有ります。
    今回は松井さんが自らが推す候補を公表すると発言されているのでその線で選ばれる気がします。
    代表選挙の規約を見直す必要があります。
    維新が野党第一党を真に目指すなら工夫が必要です。
    外国勢力の標的もなりかねません!
    思考錯誤しながら良い人材を議員にして知恵を出してより良いものに仕上げて下さい。

    • たまさぶろう
    • 2022年 7月 28日 6:30pm

    一般党員の圧倒的な比重で党代表が決まるのは確かに問題ですね。
    一般党員と特別党員の票の重みが1:1になるように調整するとかどうなんでしょう。
    今回であれば、一般党員1票/人、特別党員33票/人。
    また、代表が暴走またはスパイだった場合(最悪の場合)も考慮して、簡単には成立
    しないけど危ない時は変えられる仕組み、例えば、特別党員の2/3の同意で強制解任
    できるとか、解任の手段もあった方がいいのではないかと思います。

    • 海月
    • 2022年 7月 28日 7:25pm

    一般党員の票のウエイト…
    影響力大きすぎますね
    実際にその組織に所属してるわけじゃないのに。
    この割合を変えてもらった方がいいという結論にならないか危惧してます

    • スピリッツ
    • 2022年 7月 28日 7:56pm

    最後まで読みましたが、結局それって有権者である少なくとも2年以上党費を負担している党員を信じていないんじゃないでしょうか?議員の人間関係や内部の事情とかって自民党やないんやからどうでもよくて、議員向いての政治なんかを維新に期待してるんじゃないんです。個人的に国民が政治に参加できて、将来の首相を選ぶかもしれない代表戦に議員と同じ一票が投票出来ることにワクワクしてます。そういったことが次なる党員の成長と、維新の躍進に繋がるものと思います。

      • スピリッツ
      • 2022年 7月 28日 7:59pm

      あと、代表戦は究極の権力闘争ですよ。死にものぐるいで戦う選挙です。次回は頑張って下さい!

    • >>結局それって有権者である少なくとも2年以上党費を負担している党員を信じていないんじゃないでしょうか?

      そういう意味ではありません。特別党員に十分な支持を得られない人が果たして代表にふさわしいのか?ということ。そして、一般党員の票を、「目的」ではなく「手段」として利用しようとする候補者が出てくる懸念もあるかと。
      イギリスのように特別党員の選挙で2人の候補を選出し、一般党員の投票で最終決定するなど、一般党員の意志を重視したうえでのルールも、いくつか考えられるのではないかと思います。

        • 江口次郎
        • 2022年 7月 31日 3:45pm

        一般党員の支持を得られて代表になった方が維新支持者の民意と考えて特別党員が民意に沿った代表についていく、じゃダメですか?
        僕は足立さんが維新の中でも叩かれながらも、主張していることに対して一般党員がどう感じてどう投票するか、その結果に応じて維新の会の方向性を決めて一致団結進めてほしいです。
        自民党のように豪族たちの人間関係や権力闘争でトップが決まるのではなく、一般党員の重みが大きいトップの決め方は、ぼくはワクワクしています!

    • クッピー
    • 2022年 7月 29日 8:30am

    私も一般党員の票の重みを懸念していました。
    平等にしてくれるのは聞こえはいいですが、とてもいい人達が作った甘い規定だなと思いました。
    一般党員が組織の内情がよくわからないのは当たり前、悪意のない票が組織運営を難しくしてしまわないかと思っていました。
    ですが、推薦人30人というのが結構効いてるようでよかったです。そこでまずしっかりふるいにかかっている。
    今回が終わったら規約等もまた再考もあるかもですが、まずは今回の代表選挙が維新にプラスになることを望みます。

      • スピリッツ
      • 2022年 7月 30日 8:59pm

      ご返信ありがとうございます。ご懸念の前段は、特別党員の30名の支持で十分じゃないですか?!特別党員30名ってなかなかやと思います。また、後段については、一般党員を馬鹿にしてるのではないかという、一般党員は特別党員ほどの判断は出来ないでしょ?!っていう議員特権的な意識が透けて見えちゃうんです。ちなみに、以前維新はそもそも首相公選制なんですから、特別党員も一般党員も同じ一票なんです!って橋下さんの説明を聞いた時にめっちゃ納得したの覚えてます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のブログ記事

  1. 馬場共同代表
  2. IVLP

    2022.08.3

  3. ご報告

    2022.08.1

PAGE TOP